時間が無い!?だからこそ受けるべき脳ドック!

m030009 忙しい人こそ受けて欲しい脳ドック!!!

忙しいから今の生活を送ることが精一杯の毎日ですよね。

しかし、今が健康な体で、動けるからそのような
生活を送れているのではないでしょうか。

もし、ここで脳卒中になってしまったらと
考えたらマズイ!と思ったことはありませんか!?

命を取り留めたとしても、リハビリや介護なしでは
生活できないような状況になってしまいます。

今のような生活を送ることができません。

ご家族に脳卒中の方がいる、肥満、喫煙、
飲酒など様々な要因が脳卒中を引き起こします。

脳卒中を防ぐには、忙しいと先延ばしにせず脳ドックで
脳の健康状態を確かめることではないでしょうか!?

おろそかな生活も脳卒中の発症に関与!?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

忙しいと食事、運動、睡眠がおろそかになりがちです。

その結果、肥満や高脂血症、高血圧、不整脈
など体に様々な悪影響は出ていませんか?

一つ一つをみてみると、今すぐ何か
つらい症状が出るといったことはありません。

しかしこれらの積み重ねが、脳の状態に関しては
大きなダメージとなり今後に響くのです。

おろそかな生活が、あなたの頭の中の未破裂の
脳動脈瘤を作っているかもしれません。

無症候性の脳梗塞や脳出血がすでにあるかも知れません。

それを発見できるのは脳ドック以外に何かありますか?

説明を含めてもたったの1時間!?脳ドック

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

脳ドックを受ける方にはしっかりとした検査内容で早く
終わることがベストだと思われていますよね。

忙しいあなたにも受けられる脳ドックがあります。

説明を含めても1時間の脳ドックです。

この時間なら構えることなく、脳ドックを
受けられるのではないでしょうか?

説明のために、再び来院する必要もありません。

検査にかかる1時間と脳卒中後のリハビリに
かかる時間どちらが短いかお分かりですよね。

後遺障害のリハビリは一生涯の期間かもしれません。

平日早朝、日曜祭日でも可能な脳ドック!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

平日も土日も休みが取れない方は平日早朝に
脳ドックを実施している施設もあります。

しかも、早朝割引を行っているところもあります。

日曜祭日なら時間が取れる方は日曜祭日も
脳ドックを実施している施設があります。

一日ほど脳ドックのために時間を費やせば、
将来起こる発症やそれに伴う後遺症を
未然に防ぐことができるのです。

忙しいからと受診を先延ばしにするよりも、検査施設を
探すほうがあなたの人生にとってお得ですよ。

脳ドックを探したくなった方は方はコチラ↓
全国各地

食事・生活・運動に注意だけでは脳卒中は防げない!?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

 

たったの2時間の脳ドックによる検査で
脳卒中が分かるというのは驚愕することです。

予め無症候性脳梗塞や未破裂脳動脈瘤を発見し、
脳梗塞や脳内出血を起こさないよう
治療につなげるのが脳ドックなのです。

脳ドックでないと脳血管障害などを見つけることができ
ないため、脳腫瘍、脳内出血、脳梗塞は防げません。

あくまでも食事・生活・運動はそのリスクを
減らすということで発見にはつながらないのです。

 

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血になったらどうしますか?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

脳梗塞の原因であるラクナ梗塞、アテローム血栓性
脳梗塞は動脈硬化が原因となっています。

そうならないようにするために、食事や運動・
生活習慣に気を付けリスクを下げるのです。

発見や予防は脳ドックだけです。

くも膜下出血の原因である未破裂脳動脈瘤は
5%の方に存在すると言われています。

この数字が高いかどうか判断するのは
あなたですが気にする方も多いのです。

実際に破裂するかどうかは別として、この存在を
確かめるためにいち早く脳ドックに行ってください。

 

本当にあなたは脳ドックなんて関係ないですか!?

b00f3571c53971bea33ab03053f0a372_s

めまいの原因が脳卒中だったりすることはあります。

しかし、そんな前兆が無い限りあなたは
脳ドックなんて関係ないって言いますか?

脳溢血や脳梗塞になってからでは遅いのです。

60歳以上
高血圧
糖尿病
高脂血症
ヘビースモーカ‐
大酒豪
運動不足
ストレス
家族に脳卒中の既往歴がある

これらの項目は一つでも当て
はまれば脳卒中の要因になります。

該当していない人の方が少ないのではないのでしょうか?

脳血管が破れたり詰まったりする前に、近くの脳ドック
が受けられる病院に行って検査をした方が良いのです。

脳ドック一覧で最も近い脳ドックを探すならこちら↓
全国各地

 

 

こわーい脳の疾患の疑いは脳ドックで即時解決!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

たった2時間程度の検査で死を免れ、後遺症
を避けることができる脳の検査があるのです。

現在、日本での死亡原因・第四位の
脳卒中、あなたが罹患する確率は十分あるのです。

この脳卒中、死因全ての10%を占めるのです。

10人いれば1人は脳の病気で死ぬ、
これはとても怖い事なのです。

全国にはたくさんの医療機関がありますが、
脳ドックが受けられる病院を探してきました。

これでどこの脳ドックに行けばいいか
分からない方はいませんよね。

脳ドックなんて面倒なんです・・・症状ないし!!

eb26fdf3a8f376077a9193d8829c6dcd_s

症状が無ければ無理に脳ドックに
行こうとは思わない方が多いのです。

私も初めはそう思っていました。

メタボの家族に食事に気を付けてねと言っても
「うるさい、ワシはそんなんになって
死んでもええんじゃ!」なんて言われていました。

 

高血圧 (脳卒中の原因としては最もリスクが高い)

糖尿病

高脂血症

肥満

 

上記のチェックの入っているものは
全て脳梗塞の危険因子になります。

まったく取り合ってくれない父、脂っこい食事、
塩分たくさんの料理を食べ続けていました。

しかし、メタボは確実にカラダを蝕んでいったのです。

脳卒中の急性期を起こしても死なないケースも!

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

ついに父も脳梗塞になってしまいました。

その時の症状は足の感覚がなくなり
慌てて病院へ行くことになりました。

命には別状はなかったのですが入院してその後、
ひどい麻痺に苦しむことになったのです。

脳卒中を起こしたら、死ななくてその後の
リハビリに苦労することも多いのです。

「死んでもええんじゃ!」と
言う父の声を思い出しました。

脳梗塞で意識不明となりそのまま死ぬよりは、
助かって麻痺に苦しみながら生きる、
まさかそんな人生が待っているのだと・・・

リハビリだって治療費にお金がかかります。
そんな出費をしたいですか?

たったの2時間程度の脳ドックを受けて脳の疾患を
予防できるのならそれが得策に違いありません。

そのたったの2時間を検査に当てるならこちら↓
全国各地

脳ドックの費用は安く、しっかり脳卒中を予防しよう!

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_sやはり脳ドックは安くないと嫌と言う方も多いはずです。

頭部MRA・MRI、頸部MRAなどのシンプルの
脳ドックであるならば2万円くらいでもあるのです。

2万円以下の料金で脳卒中を予防できれば
かなり良い検査をしたことになります。

また脳ドックの費用を惜しんで急性期を迎え
リハビリに励むことになったらそのリハビリの
費用が多額になることがあります。

予防しかない脳卒中、できるだけ早く
予約して医療機関で検査をしましょう。

費用に幅があり過ぎて何を選んだらいいか分からない?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s検査のコースには1万円~80万円以上の費用が発生
するものもあり、いったいどれを選んだらよいのか
分からない方も多いと思います。

かなり高額になる場合にはほとんどのものが
人間ドックや、メンズドック、レディースドック、
肺ドック、胃ドックなど、脳ドック以外のコース
が付いてきています。

更にはペアで受けられるコース、つまり2名分
の費用が発生する場合もあります。

ペアで、複数のコースが付いてくるなら当然
高くなるのは容易に想像ができると思います。

なのであなたが他のドックが不要と判断すれば、単純に
脳ドックのプランを選べばよいのです。

安く上げたい、脳の病気だけに焦点を絞りたいと
思われるのなら脳ドック単独のプランを探すべきで
値段は5万円以内くらいであります。

しかしもっと安い費用の脳ドックを選択したいと
思われる方も多いと思います。

脳ドックではかなり安い2万円以下の
費用の脳ドックが存在します。

2万円以下で受けられる脳ドックはこちらから↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

脳ドックの選択基準は?すぐに脳血管障害を見つけよう!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

検査を受けるからにはより良い
脳ドックを選びたいと思うはずです。

30分程度のシンプル脳ドックか、各種たくさんの
検査項目の付いていて3時間程度の
フル脳ドックを選べばよいのです。

脳ドックはシンプル脳ドック、フル脳ドックなどと
呼ばれるコースに分類されることが多いのですが、
気になればよりたくさんの項目が受けられる
フル脳ドックを選びましょう。

脳ドックの内容

頭部MRI

頭部MRA

頸部MRA

頭部CT

頸動脈エコー

血液検査

頸椎MRI

血圧測定

 

医療機関によっては内容が一定しないケースが
ありますが、大体このような内容の
検査が組み込まれています。

上記の内容のチェックを含むものがシンプル脳ドック
ですが、この内容でもかなりの検査内容なのです。

フル脳ドックであってもこの短い時間で脳の病気が予防できてしまうのです。

 

脳ドックでの2時間と一生の後遺症!どちらを選びますか?

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

医療機関によって脳ドックの所要時間は違いますが、
シンプル脳ドックもフル脳ドックも合わせた
平均は2時間程度だと思われます。

しかし、脳ドックが面倒だという方もいらっしゃると
思いますが、その後の麻痺に一生苦しむのと
どちらが良いのでしょうか?

麻痺はリハビリをしてもなかなか良くならない
ケースも多く、あの時脳ドックを受けていたらと
言われる患者も多いのです。

病院には体の調子が悪くなったとき以外に行くことは
なかったので、脳ドックも言ったことがありませんでした。

ある時、足の感覚がなくなり、医療機関に行った時には
脳梗塞の急性期と言われ治療が始まりました。

今では麻痺に苦しめられている毎日ですが、
リハビリもしんどく長くかかりそうです。

なってからでは遅いのですが、やはり脳梗塞は
予防に努めるべきだと思いました。

脳卒中は予防に努めるのがベストなのです。

脳の病気の後に待っている
リハビリは一生かかりとても苦しいものです。

生涯にわたる麻痺を避けるより
脳ドックで予防に努めるならこちら↓
全国各地

閉所恐怖症でも脳ドックMRIを諦めなくても良いのです

pl-2014291655789

脳ドックのメニューにMRIがありますが、30分程度
の検査を避けたばかりに脳の病気に
罹患する可能性だってあるのです。

閉所恐怖症だったら脳ドックMRIを
我慢して脳卒中になるのを待つのですか?

誰だって、そんなのは嫌ですよね。

脳ドックの検査項目にMRIがありますが、
閉所恐怖症の方でも入れるMRIがあるのです。

従来のトンネル型で息苦しくなる人も
開放感あふれるMRIでは問題ないはずです。

その名はオープンMRI、これに30分
ほど入るだけで検査を受けられるのです。

閉所恐怖症を治癒後に脳ドックに行くなんて遅すぎです!

m030009

心療内科などで閉所恐怖症の治療
をすると一年くらいかかることがあります。

40代になると一年に一度、脳ドックに行くのを推奨し
ているのですから一年はかかり過ぎだと思ってください。

一年待っている間に、脳梗塞や
脳出血を起こしたらどうしますか?

きっと後悔するはずです。

閉所恐怖症を治すことを考えるより、オープンMRI
にたったの30分入ることだけを考えましょう。

MRI以外の医療機器で脳ドックは物足りない!?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

MRIが苦手ならそれ以外の医療機器で検査を受け
たらよいと思っている方は多いと思います。

しかし、脳ドックで良く使用されるCTや、
頸動脈エコーなどとはMRIは異なるのです。

MRIは脳の細かい部分を写しだすのが得意で脳梗塞や、
脳腫瘍などの病変を見つけ出すのに向いています。

一方CTは検査時間は早いのが特徴で、脳出血や
くも膜下出血の発見を得意としています。

脳卒中といっても色々なものがあり、脳梗塞、
クモ膜下出血、脳出血などに分けられますが、
脳梗塞が最も多いのでMRIを省くのはリスクがあります。

先ほども紹介したように閉所恐怖症でも
大丈夫なオープンMRIですべてが解決します。

苦痛を生まないオープンMRIで
脳の病気を予防したい方はこちら↓
オープンMRI