脳ドックの選択基準は?すぐに脳血管障害を見つけよう!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

検査を受けるからにはより良い
脳ドックを選びたいと思うはずです。

30分程度のシンプル脳ドックか、各種たくさんの
検査項目の付いていて3時間程度の
フル脳ドックを選べばよいのです。

脳ドックはシンプル脳ドック、フル脳ドックなどと
呼ばれるコースに分類されることが多いのですが、
気になればよりたくさんの項目が受けられる
フル脳ドックを選びましょう。

脳ドックの内容

頭部MRI

頭部MRA

頸部MRA

頭部CT

頸動脈エコー

血液検査

頸椎MRI

血圧測定

 

医療機関によっては内容が一定しないケースが
ありますが、大体このような内容の
検査が組み込まれています。

上記の内容のチェックを含むものがシンプル脳ドック
ですが、この内容でもかなりの検査内容なのです。

フル脳ドックであってもこの短い時間で脳の病気が予防できてしまうのです。

 

脳ドックでの2時間と一生の後遺症!どちらを選びますか?

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

医療機関によって脳ドックの所要時間は違いますが、
シンプル脳ドックもフル脳ドックも合わせた
平均は2時間程度だと思われます。

しかし、脳ドックが面倒だという方もいらっしゃると
思いますが、その後の麻痺に一生苦しむのと
どちらが良いのでしょうか?

麻痺はリハビリをしてもなかなか良くならない
ケースも多く、あの時脳ドックを受けていたらと
言われる患者も多いのです。

病院には体の調子が悪くなったとき以外に行くことは
なかったので、脳ドックも言ったことがありませんでした。

ある時、足の感覚がなくなり、医療機関に行った時には
脳梗塞の急性期と言われ治療が始まりました。

今では麻痺に苦しめられている毎日ですが、
リハビリもしんどく長くかかりそうです。

なってからでは遅いのですが、やはり脳梗塞は
予防に努めるべきだと思いました。

脳卒中は予防に努めるのがベストなのです。

脳の病気の後に待っている
リハビリは一生かかりとても苦しいものです。

生涯にわたる麻痺を避けるより
脳ドックで予防に努めるならこちら↓
全国各地

コメントを残す