脳ドックの費用と後遺障害を比較!?

0f36928f0882b4762f1eba904062f5ca_s

あなたが脳卒中で死ぬ確率は十分にあります。

なぜなら現在、日本人の死亡原因の
第4位が脳の病気だからです。

第二位の心疾患で上位を占める心筋梗塞と
同様に脳の病気は脳梗塞などの病気を引き起こします。

それぞれの疾患では両方とも血栓が関与する虚血の
状態になりますが、現在の日本人は食事や運動不足で
このような疾患にかかりやすいと言われています。

他項でも述べましたが、食事を気を付けたり運動を
するということだけではリスクを下げるだけで
脳卒中を予防するという意味では物足りないのです。

脳卒中発症で失うたくさんのもの

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s脳卒中では後遺障害として片麻痺などの身体障害に
悩むのだなと想像がつく人は多いでしょう。

しかし、甘いのです。

そのリハビリはとても辛いものだと聞いています。

また、後遺症は片麻痺だけではなく、失語症
(何が言いたいのか分からない)などを含む
高次脳機能障害に陥ることもあるのです。

もっと根本的には絶命してしまう
危険性だって秘めているのです。

特にくも膜下出血の場合、急性期を迎えると
30~40%の死亡率だとも言われています。

更には常に再発の予防に努めなければいけません。

CTとMRIの違いが差を生む脳ドック

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s狭いところに入ってパニック症になりそれが
トラウマでMRIに入れないという方もいるはずです。

このような方はMRIではなくCTで
済ませたいと思われるかもしれません。

最近では高性能のマルチスライスCTなどがある医院で
脳ドックを受けると検査時間の短縮になりますが、、
マルチスライスの普及はまだ物足りない状態です。

通常、CTとMRIを比較するとMRIの方が脳ドックの
画像検査では優れているみたいです。

ただ、いずれにしろこれらの医療機器の脳検査は
もともと高額であるので、自ら検査の価格が安い
ところを見るけるのが良いのかもしれません。

安い脳ドックを探したい方はコチラ↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

コメントを残す